桁上げ 

20180323_01.jpg管理する数が増えて番号に10000番台を設けなければならなくなったのですが、それまでの番号は4桁でしたので前のひと桁「0」を入れた方がいいという忠告にピンと来ない人が管理者を務めているのが困ります。「数字なのだから桁が上がろうが大小関係は変わらないだろう」というのがその人の主張なのですが、現実にはその番号はテキスト(文字列)形式。しかも番号の頭には英字の記号が付いているというのに、それを含めた文字列だという認識ができないようです。たとえば「AB-9999」まできて新たに「AB-10000」というのができれば、大小関係では「AB-10000」が先頭に来てしまうということが、どうしても理解できない様子。最終的にEXCELやエクスプローラで並べ替えしてその事実が判明しても、なぜそうなるのかを理解できない・・「おじいちゃん」という年齢ではないのに、長年パソコン使って仕事もしているのに、その理由を説明してもなかなか理解できないというのは、たぶんもう一生、それは直らないと言うよりも、その機能がまったく備わっていないから学びようがないのかもしれません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4732-ae6d5fc6