ジムニー 12か月点検 2018 

20180330_01.jpgジムニーを法定12か月点検に出してきました。作業時間はだいたい6時間ほどとのことで、代車も無料で出してもらえるとのことでしたので、昨日夕方、仕事帰りに寄って預けておきました。自分が購入したのは昨年8月のことですが、届出済未使用車でしたので(走行距離わずか4km!)、車検期日が3月30日なのです。購入時にはもちろん納車前整備があったので、それからまだ8か月しか経過しておらず、また先月には納車後6か月無料点検もありましたので、当然何の問題もなし。点検時にワイパーブレードリフィル(ゴム)の交換はサービスとなっていますのでこれを交換してもらいました。同じくエンジンオイル交換もサービスなのですが、先月の6か月点検のときちょうど交換時期が来たため先行して交換済み・・こちらは交換しなかった代わり、次回エンジンオイル交換時に使える無料チケットをもらいました。これで点検料金は一律10,800円・・お世話になっているのはメーカー直系のディーラーではなく、いわゆるモータースさんですが、ちょっと大きめの会社。シトロエンやルノーのディーラーとは違って点検料金はウンと安い。これだから国産軽自動車はありがたい。



【散財メモ】
10,800円:法定12か月点検(エンジンオイル交換、ワイパーブレードリフィル交換込)
計:10,800円

コメント

 自分のクサラも先日1年点検に出しましたが、18年も乗っているだけあって、経年劣化による部品交換がかなりの数に。
 その部品もただでさえお値段が高いのに、国内在庫がないのでフランス本国取り寄せ、というのが結構ございまして。
 まぁ段階的に交換・修理していくことにしましたが、最終的にトータルでいくらになるのか・・・?ハラハラしております。
 正直こうなってくると、買い替えも頭をよぎりますけど「クサラとて今では希少車」ですので。
 

友人サン
クサラ、中古車市場でもほとんど見なくなりましたね。
こうなると乗っている人は保存に入ってきそうで、今後も新たに出回ることは少ないでしょう。
「いつまでも乗り続けてください」などと気安く言うことなどできませんが、見守らせていただきたいと思います(苦笑。

 この連休は富山県内各地に行ったのですが、道中初代フォード・フォーカスや二代目オペル・アストラワゴンなど、クサラと同世代の欧州Cセグ車と遭遇しました。それらのクルマのオーナーさんたちも頑張って維持している様子がうかがえて、なんかパワーをもらいましたよ。


友人サン
近ごろ90年代車がアツくなってきてますが、流行りで乗り始める若者のように冒険できない自分には不甲斐ない限り。
友人サンのようにずっと乗り続けていれば話はまた変わってくるのでしょうけど。
ジムニーは設計年次と言うか発売年からすれば90年代車なのですが・・自分のは製造がつい最近ですから、そう名乗るのはおこがましいかと(苦笑。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4739-8f66ee72