FC2ブログ

代車はハスラー 2018年3月 

20180331_01.jpg20180331_02.jpg

ジムニー12か月点検の代車はスズキ ハスラーでした。自然吸気エンジン・前輪駆動・・おそらく市場でもっとも一般的なモデル、すなわち売れ筋もモデルですね。ジムニー購入検討しているとき、試乗してみたハスラーもその組み合わせでした。今回は通勤15kmですので試乗の時よりは少し多めに、そして助手席に営業マンもいませんので、少しはよく乗れましたが・・やはり印象は変わらず。

走りは自然吸気エンジン車としてはごくごく普通ですが、ドライビングポジションがどうにも決まらない。ステアリングコラムとペダルのオフセットと、ペダルは踏み込み角度も今ひとつ。そしてシートは硬い。とても長時間・長距離は乗りたくないなと思います。通勤の片道10kmでもスネの筋肉が張りそうでしたし、お尻と腰が痛くなりそう。

代車ハスラーを返して自分のジムニーに乗り走り出した途端、「断然に乗りやすい!」と感じました。ジムニーのステアリングホイールにはチルトもテレスコピックも調節機構いっさい無し。シートはリクライニングと前後スライドは調整できても、ハイト(座面高さ)調節はできない・・それなのにドライビングポジションがピタッと決まる。ステアリングコラム中心とペダル配置が適正、そんな当たり前のことが当り前にできているクルマがどんどん減っている中、あの小さなキャビンの中でよくぞ作りこんでくれました。

ハスラーは昔風に言えば「ライトクロカン」、今風に言えばSUVなんでしょうし、ジムニーの能力までは必要ないけれども、普通のハイト軽ワゴンよりは走破性の高い、趣味性の高いクルマが欲しいという層に受けて売れているクルマです。自分も一瞬、ハスラーのターボモデルにしようかと思ったことがありましたが・・乗ってわかる、ジムニーとはまったく別のクルマで、ジムニーの代わりにはならないということがよくよくわかりました。ハスラーが秀でているところは、内外のデザインと後席の広さでしょうかね。



20180331_03.jpg20180331_04.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4740-656ab9a5