FC2ブログ

補完関係にあるのか 

20180405_01.jpg2018年3月36日発売の自動車雑誌ル・ボラン2018年5月号(494号)の特集「いま、クルマを2台持つならこんなペア!」の中で、渡辺敏史氏がマツダ・ロードスターとスズキ・ジムニーの組み合わせを挙げておられます。「決定的に足りないところを補完し合う、自動車の趣味と生活を両立させる究極のミニマリズム」ということで。まぁ確かに、ジムニーなら大人4人が何とか乗れなくもないし、悪路走破性は折り紙つきだし、そして何より屋根はあるし・・ロードスターに足りない部分は備えているワケです。ロードスターはディーラー試乗しかしたことがありませんが、あれ1台で済ませるのは少々勇気がいります。

かたやジムニーはと言えば、所有するようになって半年あまりで感じたこと・・室内は確かに狭いけれども思いのほか実用的で、これ1台でもやっていけそうな気持になれました。走れば意外にも気持ちがいいというのはうれしい誤算でしたし。ただ、シトロエンC5に乗るとその安楽さは段違いだし、ジムニーで長距離や長時間を運転すると疲労が強いこともわかりました。メガーヌR.S.はたまにしか乗らなくなってしまっていますが、乗るとそのパワーとハンドリングは素晴らしいものがある反面、乗り心地はジムニーよりも硬くて普段乗りが厳しいことを思い知ることになりました・・これはもしかすると7年乗って、自分の加齢による影響があるのかもしれません。

元々は故障が多くなったC5の入れ替えとしてジムニー購入を検討しはじめ、結果としてC5の保有も継続してしまった経緯があります(とりあえず次の車検までは)。しかし現在の使用状況を客観的に見れば、あまり乗らなくなったメガーヌを手放してしまうのが妥当なんでしょうね。ではジムニーとC5の組み合わせでいきましょうということになるのかと言えば・・それはまた故障が怖い。そしてなんだかんだ言ってメガーヌは手放し難い。ただ、このまま3台体制を続ける経済力があるかと言えばかなり怪しい・・ちゃんと貯金もしていかないと、定年後の生活がかなり心配だし(苦笑。どうすればいいのやら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4745-8c30926d