FC2ブログ

トキヲ紀行 2018皐月 その5 

201805TKY_0501.jpg2018年ゴールデンウイーク、東京の旅・・2日目は特急くさつで群馬県方面へ遠出。まずは伊香保おもちゃと人形 自動車博物館で再現された頭文字Dの藤原とうふ店と拓海のハチロクを見てきました。続いては峠の釜めしで有名な横川を目指すのですが、群馬県の公共交通機関の便の悪さを実感することになるのです。



2018年5月3日(木) 憲法記念日

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館から上越線の渋川駅へ戻ろうと、路線バスの時刻を調べてみました。すると45分待たなければならないことが判明。そんなに待っていられないので、往路で使ったタクシーの領収書に書いてあったところに電話をして迎えのタクシーを呼ぶことにしました。

が、そのタクシーを待っている間に新たな問題が発覚。タクシーは10分も待てば来てくれるそうなのですが、肝心の上越線の登り列車が1時間以上先でないとありません。だったらタクシーなど呼ばずに45分後のバスに乗っても十分に行けたではないか、と後悔。しかしもう呼んでしまったのであきらめてタクシーを待つことにしました。

結局タクシーが到着したのは15~20分後のこと。で、運転手さんに相談してみました・・このまま渋川駅まで行っても電車が1時間ぐらい先であること、横川へ行きたいのだが渋川以外にどこの駅まで行けばスムーズに乗り継げるかと。渋川から上越線に乗り、高崎で信越線に乗り換え、終点が横川ということで、どちらも1時間に1本ペースの路線なので、相当に時間がかかるであろうとのこと。

そこで運転手さんから提案・・1万円で横川まで行きましょうか?と。1万円って、結構な金額ですから、最初は躊躇しましたけど、毎日乗るワケではありませんから思い切って横川まで行ってもらうことにしました。ちなみに渋川までは3,000円ぐらいだと往路でわかっていましたし、高崎までなら8,000円以上はかかるとのこと。

渋川は上越線がなかなか来ないからもう行く気はないし、高崎ならうまくいけば信越線に乗り継げるかも?と思いましたが、あと2,000円で横川まで行ってくれるというのなら、そっちを選んだ方がお得な気がしました。実際、走ってもらった感じでは、横川まで1万4,000円ぐらいはかかりそうな感じでした。


201805TKY_0502.jpg201805TKY_0503.jpg

今年3月に出張でしなの鉄道の終点 軽井沢駅まで行きましたので、今度は碓氷峠の反対側、信越線の終点 横川駅へ行ってみたいと思ったのがそもそものきっかけでしたから、本来は電車に乗って行きたかったのですが、あんなに便が悪いと思っていませんでしたので。電車は帰りに乗ればいいかな、と。


201805TKY_0504.jpg201805TKY_0505.jpg
201805TKY_0506.jpg201805TKY_0507.jpg
201805TKY_0508.jpg201805TKY_0509.jpg

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館から横川駅まで、タクシーでも1時間ほどはかかりました。こんな距離を自腹でタクシーに乗ったのは生まれて初めてです(苦笑。横川に着いたらさっそくお昼ご飯です。当然、名物の「おぎのや峠の釜めし」を食しました。ここまで来て他のものを食べている場合ではないでしょう。いや、とてもおいしかったですよ。お値段はそこそこしますけど、充分に満足です。


201805TKY_0510.jpg201805TKY_0511.jpg

さて、腹ごしらえが済んだら、これ以上おぎのやに用事はありません(苦笑。いざ横川駅を目指します。国道からは一段上がったところに線路が見えましたし、駅はあのへんだろうなと想像がつきましたので、そちらへ向かって歩き始めたのですが・・実際、駅はもう少し先でちょっと歩くはめになりました。


201805TKY_0512.jpg201805TKY_0513.jpg
201805TKY_0514.jpg201805TKY_0515.jpg

信越本線 横川駅・・碓氷峠の反対側の軽井沢駅は、北陸(長野)新幹線の駅でもあるのと、一大観光地であるため、かなりのにぎわいを見せていましたが、横川駅はかなりひっそりとしていました。鉄道ファンか旅好きと思われる人が数人、駅のまわりをウロウロとしている程度。いちおうは有人駅のようで、ICカード対応の立派な自動改札機も設置されています。それでも電車は1時間に1本・・なんだかもったいない気がしますが。

横川駅のすぐ前にもおぎのや・・どうやらこちらが本店のようですね。ドライブイン型の店舗で食べたのと味は変わらないでしょうから、問題なしです。そして駅構内にも釜めしの立ち食い店舗が・・昔は首から箱を下げて売り歩いたんでしょうね。


201805TKY_0516.jpg201805TKY_0517.jpg

さて、そうこうしているうちに電車が来ました。高崎行きの信越本線は4両編成。高崎までの乗車時間は30分ほどでした。自分がここまで来ることは、今後そうそうないでしょう。



【散財メモ】
10,000円:タクシー基本運賃(伊香保おもちゃと人形 自動車博物館-横川)
計:10,000円(群北第一交通タクシー)

1,300円:峠の釜めしセット
計:1,300円(おぎのや)

合計:11,300円

コメント

 とうにかなわなくなった事ではありますが、是非TET'sさんには一度、鉄道による碓井峠越えを体験してもらいたかったですね。

友人サン
無くなってしまったものを嘆いたところで戻ってはこない・・だからこそ今行ける、今体験できることを、せいぜいやっておきたいものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4782-d07fb43b