FC2ブログ

トキヲ紀行 2018皐月 その12 

201805TKY_1201.jpg2018年ゴールデンウイーク、東京の旅・・3日目。大原駅から外房線に乗って大網駅へ。大網で東金線に乗り換えて終点の成東駅まで。成東からは総武本線で終点の銚子駅まで来ました。銚子に来る目的と言えば銚子電鉄でしょう。千葉県の東の端に走るローカル私鉄はあまりにも有名で、小湊鉄道、いすみ鉄道と乗ってきたからにはこの銚子電鉄を外すことはできませんね。



2018年5月4日(金) みどりの日

JR銚子駅のホームのつきあたりに銚子電鉄線のホームがあります。改札は共用しているので、銚子電鉄入口前には例の簡易型ICカード改札機があって、「出場」の処理をしておかなければなりません。


201805TKY_1202.jpg201805TKY_1203.jpg
201805TKY_1204.jpg201805TKY_1205.jpg

ホームにはすでに次の列車が入線していました。この2両編成の古びた車両。一時は経営難による廃止の危機もあったようで、車両や設備の更新もなかなか進まないとのことですが、かえってこの方が味があっていいですよね。

銚子電鉄の銚子駅は無人駅。なので乗車券は車内で車掌から購入する必要があります。この日はゴールデンウイークということもあって、終点銚子で下車する乗客から使用済み乗車券を回収する臨時駅員がいたようですが。

そして自分はいったんJR駅のトイレへ行ったので席取り合戦には出遅れてしまい、立ち乗りとなりました。ゴールデンウイークとあって、家族連れなど大勢の乗客が押し掛け、車内は都会の通勤ラッシュのような状態でした。車窓の景色もあまりよく見えず、当然写真を撮ることもままならない状態。社内アナウンスは楽しさいっぱい。沿線の紹介やネーミングライツされた駅名の由来などをユーモアダジャレを交えてたっぷりに聴かせてくれます。でもちょっとうるさかったかな(苦笑。そしてこの声の主が銚子電鉄の社長であることも明かされました・・ビックリ!


201805TKY_1206.jpg201805TKY_1207.jpg
201805TKY_1208.jpg201805TKY_1209.jpg
201805TKY_1210.jpg201805TKY_1211.jpg201805TKY_1212.jpg

20分弱の乗車で終点の外川に到着。銚子-外川間の片道340円。往復きっぷ購入で680円のところ600円になります。乗り降り自由の一日乗車券(700円だったか)と迷いましたが、こんなに人出が多く混雑した中を乗り降りするのも億劫で、時間も銚子を出たのが15時ということで、そろそろ帰り時間のことも気にし出しましたので、今回は行って帰るだけの往復きっぷにしました。

外川駅で7、8分ほど停車したら、折り返し発車・・ダイヤを見る限り、この1編成が銚子と外川の間を行ったり来たりしているようです。乗ってる自分も行って帰るだけ・・外川のひとつ手前、本州最東端駅の犬吠駅で下りれば、名物ぬれせんべいなどのおみやげものなんかも買えたワケなんですが、もう人が多すぎてウンザリ。できればもっと空いた時期に寂れたローカル線旅情を楽しみたいものです。まぁ遠いところですから、もう一度訪れることができるかどうかあやしいのですが。

帰りもまた超満員、通勤ラッシュのような2両編成に座ることもできず立ちっぱなしで20分、銚子駅に戻ってきました。その後、宿泊先の亀戸まで戻るワケですが・・来た道があまりにも長かったので、おしりと腰が痛くてガマンできないのではないかと思いました。次の総武本線は各駅停車の千葉行き・・それに乗って途中の佐倉まで進みました。佐倉で成田線から来るエアポート快速に乗り換え・・先ほどの千葉行きで千葉駅まで行って、それから総武快速線に乗り換えると、また席取り合戦になってしまうので、少し手前の佐倉で乗り換えて席を確保してしまう作戦でした。この作戦が奏功して、佐倉から新小岩までずっと座ることができました・・おしりは痛かったですけど(苦笑。

銚子から佐倉まで約80分、佐倉から新小岩まで快速で約30分、新小岩から亀戸は各駅停車で2駅ですかね。約2時間の在来線の旅・・実は銚子から総武本線ではなくて、一度も乗ったことのない成田線経由で佐倉まで帰ることも考えたのですが・・乗車時間2時間30分、乗り換え時間を含むと3時間近くかかってしまうことがわかったので回避しました(汗。また機会があったら挑戦してみたいと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4789-1d4e2b27