FC2ブログ

検定試験 2018年12月9日 

20181209_04.jpg「ビジネス実務法務検定2級」を受験しました。今年7月には同じ検定試験の3級を受験し、見事合格を勝ち取りました。次のステップということで2級を今回受験。しかし試験と「かにおふ」の日程がカブってしまいました。それは受験申込のときにわかったのですが・・普通なら、試験があるから遊びの方は断念しようということになると思います。しかし自分はあきらめませんでした。当初は「かにおふ」宿泊の翌朝早くに出発して地元滋賀まで帰ろうかと思っていましたが・・それはあまりにリスクが大きすぎる。間に合わないかもしれないし、間に合ったとして疲れで試験どころではないと思いました。そこで自分は試験会場を金沢にすることにしました。金沢なら白山 瀬女高原から1時間ほどで行けます。地元滋賀まで5時間ほどかかってしまうことを考えると、負担の軽さは雲泥の差です。

金沢での受験にすることによって負担軽減したはずなのですが・・試験中、何度も寝落ちしそうになりました。昨夜は日付が変わる頃まで呑み続けて、朝からはジムニー振り回して遊んで、1時間ほど雪道をドライブして試験会場の金沢まで来て、さらに昼食を食べた直後ですから、そりゃ眠くなるってもんです。どうにかこうにか問題を解き続けて2時間・・全然時間が足りませんでした。最後はかなりやっつけ仕事になりましたし、見直しする時間も取れませんでした。試験を終えてから自己採点してみたのですが、100点満点のところ、楽観的に見ても60点、現実的には52点あたりなのではないかと・・合格ラインは70点なので、いずれにしても足りませんね。

こうなった原因は別に昨夜の吞み会のせいではありません。そもそもマスターしていない領域の問題が多かったのです。要するに張ったヤマが外れたということです。そのヤマは信じて使った参考書が張らせたものですから、仕方ありません・・確認テスト、過去問例、予想問題とも、収録されている問題はすべて解けるようになっていたのですが、それでも足りませんでした。次回、もしリベンジ受験するなら、過去問集を手に入れてもっともっとやり込まないと。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5001-f21555af