FC2ブログ

三菱 デリカ D:5 新型 試乗 

20190309_01.jpgひさしぶりの試乗です。三菱デリカD:5のビッグマイナーチェンジ版・・昨年から12年ぶりの大幅商品改良と話題になっていたのですが、正式発表・発売は今年2月。しかし発売になってからも試乗車はおろか展示車すらディーラー店舗に入ってこない状況が続きましたが、ここに来てようやく試乗できるとの案内が来ましたので行ってきました。



20190309_02.jpg20190309_03.jpg
20190309_04.jpg20190309_05.jpg

新型のデリカD:5、まずはこのフロントフェイスですよね・・どちらかと言うと否定的な意見が多いこのデザイン。自分も改良前の顔(ガソリンエンジン車は今も変わらず)が好みなのですが。まぁさすがにこの顔も各種の記事で見慣れてきたのか、最初ほどの違和感は持たなくなってきました。意外だったのはこのフロントグリルがメッキではなくてライトシルバー塗装だったこと。写真ではギラついた印象でしたが、そうではなかったのですね。これがボディ同色とかツヤ消しブラックになると印象はガラッと変わると思うのですが。

試乗してみて、パワー感はそれほど増したような印象はありませんでしたが、加速のスムーズさは少し上がったかなと。やはり6段から8段になったステップATの効果がかなりあるようです。あとは静粛性・・改良前のディーゼルエンジンはやかましくて古臭い感じがしましたが、今度のはかなり静かになりました。8段ATのおかげで加速時にアクセル開度を抑えることができるのと、遮音に手を入れたんだと思います。あと、アイドリングストップ機構が搭載されたのですが、これはディーゼルエンジン車にこそ効果が高いなと思いました。ガラガラ音がまったくしなくなりますから、結果的にガソリンエンジン車よりも静かな方への振れ幅が大きくなるワケですもんね。再始動から加速へのつながりもギクシャクせずとてもスムーズで好感が持てました。

あと、これは前回の(改良前モデルの)試乗の時には気付かなかったのですが、3列目シートのサイズがかなり大きくてたっぷりとしています。以前はそのへんのことを気にしていなかったのですが、先般の社用車更新のときにMクラスミニバンを乗り比べて3列目シートも注意深くチェックするようになったため、今回デリカD:5の良さをあらためて気付くことができたのでした。欲しくなります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5093-e0dae6bc