FC2ブログ

銅のエスクァイアがやってきた 

20190313_01.jpg昨(2018)年12月から始めた、勤め先の社用車の入れ替え候補選び。車型はMサイズミニバンと決めていましたが、試乗も運転席のみならず、2列目、3列目シートでもおこない吟味しました。そしてマイカーではなく、あくまでも社用車としてさまざまな人間がいろんな使い方をすることを考慮したトータルバランスを求めたところ、日産 セレナe-POWER、ホンダ ステップワゴン SPADA ハイブリッドという強力なライバルを押しのけて選んだのがトヨタ エスクァイア ハイブリッドでした。



20190313_02.jpg20190313_03.jpg
20190313_04.jpg20190313_05.jpg

そして現有の社用車エスティマとプリウスの車検とリース満了を迎える今日、新しいエスクァイアが納車されました。グレードはXiハイブリッド。ボディカラーはアバンギャルド ブロンズ メタリック・・少し茶味がかった濃いシルバーといった感じでしょうか。落ち着いた印象なのと、何より汚れが目立ちにくいのではないかというのが選定理由です。

10年前に導入して5年前まで社用車として使っていた先々代プリウス(20型)が似たようなブロンズ色でよかったのですが、次の更新のときの30型にはラインナップされておらず、ちょっと変わった色目をとボルドーという少し赤味がかった濃い黒っぽい色にしましたが、やはり汚れやキズが目立ちました。何より夏場に暑苦しかった。で、今回、エスクァイアにすることになって、マイナーチェンジでブロンズ色が用意されていたので、迷うことなくこれにしました。エスクァイアの内装、天井やピラーのトリムもブラックで、これまた汚れが目立ちにくくてうれしいのです。

走りは正直言って、少し非力かもしれません。これまで5年使ってきた30型プリウスと同じ1.8Lガソリンエンジン+ハイブリッドの組み合わせは、大きく重いエスクァイアには力不足かもしれませんが、これも同じ人間が毎日使うワケではないので不満もそう多くないでしょう。今(2019)年1月の商品改良で衝突被害軽減ブレーキも、前方のランクがひとつ上がったり、後方ブレーキが付くようになったりと、より充実したのはうれしい反面、前走車と一定間隔を保って追従してくれるアダプティブクルーズコントロール(ACC)は装備されず、ライバルとの差が埋まらなかったのは少し残念なところもありました。まぁこれもマイカー選びだったら絶対に欲しかった装備かもしれませんが、皆が時々使う社用車ならそこまで不満ではないかなということで、目をつむりました。

まぁ、最終的には価格条件が大幅に勝ったというところがいちばんの選定理由ではあるのですがね(苦笑。これまで10年間のつきあいになったディーラーさんは、なんとしてでも顧客を死守したいということで、値引きもかなり頑張ってくれましたので。それとサービス面では何の不満も無くて安心してまかせられるということも大きなアドバンテージでした。エスクァイアを取り扱っているトヨタ店は、トヨタ車ディーラーの中でも特に対応がすぐれているのではないかと思っています・・他のチャネルはあまりよく知りませんけどね。しかし昔からセンチュリーやクラウンを扱ってきた実績は本物だと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5097-f3715118