FC2ブログ

美を競う 肉筆浮世絵の世界展 

20190513_01.jpg大阪市立美術館へフェルメール展を見に行きましたが、とても早い時間に行ったので見終わっても昼前という状況でした。このまま帰ってしまってはもったいないかなと思い、どこかで面白そうな美術展でもやっていないかと探してみました。すると京都文化博物館で「美を競う 肉筆浮世絵の世界」という展覧会をやっていることを知りました。浮世絵というだけで見に行くことに決めたのですが、着いてみて入ってみて驚きました。浮世絵と言えば版画というイメージしかなかった自分ですが、今回初めて肉筆浮世絵というものの存在を知りました。版画の浮世絵はメリハリが強くてハッキリ・くっきりしたイメージですが、肉筆浮世絵はもっと繊細と言うか、ハッキリ言って地味ではないかと思います。しかしこれが見ているうちにちょっと好きになってくるから面白いです。もちろん版画の浮世絵も好きなのですが、こういう世界もあるのだなぁと勉強になりました。



【散財メモ】
1,400円:入館料(美を競う 肉筆浮世絵の世界展)
2,400円:図録
計:3,800円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5158-995d5a90