FC2ブログ

レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON 

20190907_01.jpg浮世絵の美術展を見に、真夏の暑さが戻ってきた京都へ行ってきました。細見美術館で開催中の「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」という展覧会は、初期の浮世絵も展示されているのですが、メインは「木曾街道六十九次」。同じ歌川広重の「東海道五十三次」が昔お茶漬け海苔のおまけカードでなじみがあるからか、こういったタッチの絵は見たくなりますが、その傾向はが最近とくに強くなってきたのは歳のせいでしょうか。しっかり図録も購入してしまいました。



【散財メモ】
1,500円:入館料(レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON)
3,402円:図録(レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON)
計:4,902円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5273-9c58d7ca