FC2ブログ

大相撲中継 2020年1月19日 

このところ大相撲中継を見るのが楽しくなってきました。以前から大相撲自体には興味を持っていたものの、テレビ中継となるとその進行の遅さに辟易として見ていられなくなったというのが現実でした。しかし、このところの大相撲中継は、非常にテンポよく進行して見えるのです。進行が遅いと感じた最たるものとして、取組一番ごとに複数回おこなわれる「仕切」なのですが、今、テレビ中継を見ていてもまったく退屈しない。これは自分が歳をとったからなのでしょうか。それとも相撲協会が何かしら短縮する策を講じたのか。はたまた生中継をおこなうNHKの構成がうまくなったのか。もしかしてそれらすべてが重なって、とても楽しめるような印象に変わったとも考えられます。しかも今場所(令和2年・・2020年 初場所)は二横綱が相次いで欠場したりして混戦となっていて、毎日見応えある取組が続いていることもいい方向へ作用していることは間違いありません。今日、中日でしたが、千秋楽まで目が離せません。

コメント

 自分がここ最近注目している力士は、朝乃山と炎鵬、あとは豊山ですね。朝乃山と炎鵬は北陸出身、あと豊山は一応我が郷土の力士ということで。
 特に炎鵬は、かつての舞の海を彷彿とさせる小兵な力士です。本人も、子供の頃に舞の海の取組の映像を見て衝撃を受けた、と先年末のテレビ番組で語っておりましたが、舞の海の様な猫だましとか八艘跳びといった奇手を使わず、どちらかというと正攻法な相撲を取るのが印象的ですね。
 しかし今場所では、豊山がいち早く勝ち越したのに驚いております。正直浮き沈みが激しく、イマイチパッとしない力士なので(苦笑)。結婚を機に奮起したのでせうか?

友人サン
今場所は炎鵬、豊山、石浦といった小兵力士が幕内で活躍し、見ていて楽しいです。
NHKが取組動画を配信してくれるのもありがたいです。
その中でも炎鵬は日頃の稽古の成果による引き出しの多さと、それを的確に使える頭脳が併せ持つ対応力の高さが素晴らしい力士だなと感心します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5417-37550f22