FC2ブログ

山陽山陰の旅 2020年2月24日 

20200224_01.jpg本来は今年(2020年)1月中旬頃に予定していたものの、検定試験受験勉強のために延期していた旅行。試験の翌日の今日、ようやく出発することができました。行き先は中国地方、山陽から山陰へ周遊する予定です。初日の今日は10時頃に地元滋賀を出発、名神高速道路から西へ・・新名神高速道路、山陽自動車道を経て広島県へ入り、高屋JCTから東広島呉自動車道を使って呉市まで来ました。



20200224_02.jpg道中、山陽自動車道の龍野西SAで昼食をとりました。フードコートで何を食べようかと迷いましたが・・何かこう、さっぱりしたものが欲しい気分でしたので、「揖保乃糸にゅうめん&いなり」というメニューを選択しました。自分で言うのも何ですが、少々年寄り臭い選択です(苦笑。もしかして物足りないかな?と思ったりしたのですが、食べきってみると思いのほか満腹感がありました。やはり老化が(苦笑。




その後も順調に進み、15時半頃には呉市内に入れました。当初の計画では今日は呉までの移動だけで終わるところだったのですが、明日訪れようとしている施設がことごとく火曜日休館ということがわかり(情報収集不足でした)、できることなら早く到着して少しでも行けるだけ行っておこうと考えていましたので、割と都合よくいきました。その模様はまた後日あらためて記事に起こします。



さて、予約していた呉市内のホテルへ19時前にはチェックインして、夕食をとるお店を探さなければなりませんでした。事前にGoogleマップで適当に調べておいた、ホテルからいちばん近い居酒屋さんでいいかなと思っていたのですが・・それが何と、ホテルの真ん前にありました。もうここへ行くしかありませんね。



20200224_03.jpg20200224_04.jpg20200224_05.jpg
20200224_06.jpg20200224_07.jpg

居酒屋 利根というお店・・名前の由来はどうやら海上自衛隊護衛艦にあるようです。土地柄ですねぇ。実際、店内にはたくさんの色紙が貼ってあるのですが、それがすべて自衛官さんの直筆でした。「とね」艦長さんのものもありました。もちろん自衛隊関係の人だけでなく、地元の人の飲み会にも使われていて、今日もひと組、わいわいと楽しそうな集団がおられました。自分はカウンター席で生ビールと地酒「千福 純米無濾過原酒 新米搾り立て」、枝豆、小鉢の刺身、串焼き、オリジナルメニューらしいベーコンチーズ焼きをいただきました。



【散財メモ】
910円:揖保乃糸にゅうめん&いなり(山陽自動車道 龍野西SA)
2,490円:飲食(居酒屋 利根本店)
6,000円:宿泊料金(駐車料金含む7,200円-1,200円分ポイント使用)
計:9,400円+α

コメント

 へぇー、広島県までメガーヌで行ったのですか。
 自分も十年位前に広島市や呉市を旅行しましたが、その時は鉄道でしたよ。

>居酒屋「利根」
 「とね」なら海自の護衛艦なのですけど、「利根」だと旧海軍の重巡を連想してしまいます。
 そして「利根」は呉鎮守府ではなく舞鶴鎮守府所属だったので、呉の居酒屋の店名だと違和感が(笑)。
 さらにオマケ話を。
 戦前新潟県出身者は海軍に徴兵されると、その殆どが舞鶴鎮守府所属の隊に入隊したので、「利根」に乗っていた人も結構いるのですよ。
 現に故人ですが、うちの町内の方にもおりましたし。

友人サン
滋賀から・呉はもっと遠いイメージだったのですが、意外にも早く到着してしまいました。
しかし滋賀から上越地方までと変わらないようですので(笑、また城めぐりでも計画したいと思います。
護衛艦とねは2011年に佐世保から呉へ移ってきたようですので、居酒屋利根もその時にできたのでしょうか。
店名を漢字にしたのは深く考えずたまたまだったのか、それともあえての選択だったのかはわかりませんが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5453-448b9290