FC2ブログ

山陽山陰の旅 2020年2月26日 

20200226_01.jpg2020年2月、山陽山陰の旅、3日目は午前中に広島城と縮景園を回りました。広島市内の観光と言えばこのふたつももちろんメジャーなスポットなのですが、それ以上に外せないと言われる平和記念公園と原爆ドームに今回は行っていません。何をしているんだ?とツッコまれそうですが・・まぁ、子供の頃の家族旅行で一度は行っていますしね。何より今回は城メインということで、大名庭園たる縮景園もセットで回ったのでした。



広島市内観光・・時間さえ許せば平和記念公園も原爆ドームも行きたかったですし、路面電車にも乗りたかったです。あと、宮島まで足を延ばして厳島神社も参拝したかったですねぇ。このへんはまぁ次回のお楽しみに残しておくことにしましょうか。



20200226_02.jpg20200226_03.jpg

宮島と言えば名物「あなごめし」も食べに行きたかったのです。しかし今回は行けなかったので、代わりと言っては何ですが市内のお店で「煮穴子丼」をお昼ご飯にいただきました。ふわっと柔らかくておいしかったです。宮島へ行けなかったのは残念ですけど、どうせ行くなら厳島神社以外にも島全体を観光したいと思っていましたので、今回は見送りです。


お昼ごはんを食べて、車を公共駐車場から出して、次の目的地である島根県松江市へと長距離移動しました。広島西風新都ICから広島自動車道に乗り北へ。広島北JCTからは少し中国自動車道を走りましたが、まぁ車が走っていませんでした。平日昼間でサンデードライバーがいないとは言え、新型コロナウイルス騒ぎで観光バスが少ないとは言え、大型トラックもほとんど見かけませんでした。このあたりの区間って、本当に交通量が少ないのですね。

三次東JCTからは松江自動車道へ・・この路線は大部分が片側1車線の対面通行の無料区間。遅い前走車に追いついてはイライラしながら追越車線が来ると抜いてというのを繰り返し、最後に少しばかりの有料区間を経て宍道JCTで一般国道9号線へ。宍道湖南岸の9号線は結構混んでいて、これなら並走する山陰自動車道(有料区間)を行けばよかったのに、Yahooカーナビは9号線を指示してきたので素直に従ったらこのありさまでした。途中、メガーヌ3R.S.の初期型白(島根ナンバー)とすれ違ったのは「オォッ!」でしたけどね。



20200226_04.jpg20200226_05.jpg
20200226_06.jpg20200226_07.jpg

今日は松江に宿泊ですが、朝から広島で歩き疲れた後、長距離運転でさらに疲れたのと、昨日、一昨日と飲み食いにちょっと贅沢をしたので、一度節約をという気持ちもあって、晩ごはんはホテルの部屋でコンビニめしとしました。もっとも松江には連泊する予定ですので、日本海の幸は明日にでも堪能することにしましょうか。



【散財メモ】
1,650円:煮穴子丼(雑草庵 安芸)
1,400円:生もみじ(詰め合わせ10個入)
15,000円:宿泊料金(@5,000×3泊)
計:18,050円+α

コメント

 自分が広島市内を観光した時は、まず路面電車好きとして広電の全路線を乗り、続いて子供の頃に「はだしのゲン」を読んで以来、様々な書籍やTVのドキュメンタリーで知っていた原爆関係の史跡を巡りましたね。雑魚場町とか御幸橋とか「はだしのゲン」の作者が被爆したと思われる地点とか、ゲンが被爆後身を寄せた江波(今では某すずさんの実家があるところとして有名になりましたが)とか。広島城も原爆で吹っ飛んだというので行きましたし、縮景園も原爆投下時、そこの池の周りに(以下自粛)というので行きました。
 宮島にも、当然広電で宮島口まで行って渡りました。確か、まず満ち潮で海に浮かんだ姿になっている厳島神社を参拝した後、あなご飯を食べて、その後豊臣秀吉が作ったとかいう千畳敷という建築物へ行って、心地よい海風を浴びながら昼寝をした記憶が。

友人サン
広電に乗れなかったのはもったいなかったので、また機会をつくりたいかなと思います。
今回宿泊したホテルや訪れたお好み焼き店の場所を絶妙に外していたので、その移動にも使うことができませんでした。
あと、広島城から縮景園へ広電で行けなくもないとは思うのですが、かなり遠回りするルートだったと思うので、徒歩で行くことにしました。
原爆ドームは車で移動中、横目でチラッと見ただけです。
宮島は今、例の大鳥居が改修工事中だというのを帰ってから知ったので、もし行っていたら残念な思いをしたかもしれませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5455-73a5bb6f