FC2ブログ

曽根城へ行ってきました 

20200322_01.jpg「行けるうちに行っておこう計画」で、かねてから行きたかった大垣城へ行きましたが、電車でも行ける交通の便のいいところなのにあえて車で行った訳は、他にも寄り道をしようと思ったからです。その大垣城のついでに寄ったのが曽根城です。曽根城跡は岐阜県大垣市内にあるのですが、大垣城からは東海道本線大垣駅を挟んで北の方角、大垣市曽根町まで行かなければなりません。もう少し行くと、安八郡神戸町に入ってしまうという、大垣の端の位置です。近くには木曽三川のひとつ揖斐川が流れています。曽根城は揖斐川に流れ込む支流の平野井川のほとりにありました。



2020年3月16日

20200322_02.jpg20200322_03.jpg

曽根城を築城したのは稲葉良通(一鉄)です。この名前を聞くとピンとくる人も多いと思いますが、あの春日局の母方の祖母です。西美濃三人衆として美濃国守護代 斎藤氏に仕えた人物の居城ということは、つまり現在(2020年)放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」にゆかりある地でもある訳です。そのことを知りにわかに興味がわき、訪れてみることにしました。



20200322_04.jpg曽根城跡には残念ながらその痕跡・遺構をほとんど見ることができません。以前の発掘調査で発見された遺構は終了後に埋め戻されたということです。本丸跡には華渓寺というお寺があるのですが、これはもともと稲葉一鉄が母親の菩提寺として建立した寺だそうで、江戸時代中期の享保年間に現在の位置、つまり稲葉一鉄ゆかりの地に移されたのだそうです。城跡が他の用途に使われて遺構が失われるのは残念ですが、一方でゆかりあるこのような使われ方をされるのは何となく納得がいきます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/5481-f97110f6