FC2ブログ

TOSHIBA VARDIA RD-S600 導入から2週間経過 

20070807_01.jpgまだまだ使いこなせてませんが(苦笑、日常の録画予約ぐらいは使えるようになってマスよ。それで気付いたんデスが、このHDD&DVDレコーダーって、自分のようなユーザーにはピッタリな機器だったんデスね。深夜アニメの録画予約がとても便利なんデス。
※冒頭の画像は今回の記事とは何ら関係ありませんデス。



予約の方法はいくつかありマスが、いちばん簡単なのは「番組表から録画予約をする」という機能。新聞のテレビ欄のような画面か録画したい番組を選んでクリック(?)する、という動作のみで完結しマス。さらにアニメやドラマのような「連続モノ」の場合は、この動作の中に「毎予約」の選択を加えるだけ。

そして録画予約でのイチバンの悩み・・それは、野球中継延長などで後に続く番組の放送時間が全部ズレていくコトですね。これまでシンプルな(苦笑)VHSビデオデッキを使い続けてキた自分に採るコトがデキた対策・・それは録画時間を少し長めにするコトのみでした。だいたい放送時間+30分というのがいつものパターンでした。

しかしウチの地元で深夜アニメ視聴に重要なテレビ局であるKBS京都の場合、サンテレビとの提携(?)により阪神戦の「完全中継」という非常に迷惑な・・ゲフンゲフン・・があるので困りモノです。つまり試合終了まで中継延長なんてコトがあって、展開によっては「いつ終わるかわからない」という場合も。これに対応するには、観たくもない野球中継をちょくちょくチェックして、だいたいの延長時間を把握するという作業が必要だったワケです。

ま、そんなメンドくさいコトはヤッてられませんね(笑。かと言って、通常の放送時間+1時間・・なんて録画予約をしていたら、VHSビデオの場合は毎日の録画でビデオテープをあっと言う間に使い切ってしまいマス。それに気付かず録画デキていないという口惜しい思いも・・(涙。

でも今の地デジ対応HDD&DVDレコーダーは違いマスね。「番組追っかけ」なる機能が搭載されており・・これは一定時間おきに(地デジ電波に乗って)更新される番組表を参照して、録画予約の時刻を自動的に調整してくれるというモノ。もっとも、放送開始直前に変更になったりすると、対応デキない場合もあるようデスが、深夜アニメと野球中継との間には数時間のインターバルがありマスからね。実際この2週間、週10本近くの録画予約を登録してマスが、すべてうまく行ってマス。放送時間がズレてるんデスけど、放送開始5秒前にキチンと録画開始、放送終了後も余分な録画はされてません。まさに深夜アニメ対応機器(笑、ものぐさヲタ専用機(爆。

もちろんHDDにも、テープ切れならぬ「ハードディスク切れ」のような状況におちいる可能性もありマス。しかしその容量はケタ違いですし、あと「イッパイになったら古い録画から自動的に消去する」という機能も選べるようデス(もちろん保護をかけて勝手に消されないようにするコトも可)。ま、イッパイになる前にHDDからDVDへ押し出すべきなんでしょけどね(苦笑。

あ、そうそう、「DVDに押し出す」と言えば、以前の記事(のコメント)で、デジタル放送にもコピーワンスとそうでない番組があるんぢゃないか、などと発言しておりましたが・・アレは自分の認識不足でした。2007年8月現在、BS&地上デジタル放送については、すべてコピーワンス扱いになっている模様デス。今後、規制緩和の方向らしいデスけど・・(※参考:東芝の今後の対応スタンス)。ま、自分の場合、いい作品だと思ったらDVDソフト買いマスんで(笑。

だいたいデジタル放送を高画質のまま保存するにはブルーレイやHD-DVDといった高額機器が必要みたいデスし・・それにしたってCMカットとか、面倒な編集作業も必要となるワケです。そんなお金と手間ヒマかけるよりも、パッケージからキチンと商品化されたDVDソフトを買うほうがストレスも少ないデスし、観賞時間を少しでも増やせマス。そして何よりも、作品に対する「それが愛でしょう」(by 下川みくに:笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/806-834b05b0