FC2ブログ

鼻うがいに再挑戦 

20071206_24.jpg自分はかなりベテランの花粉症持ちで、春先の花粉症シーズンはもとより、年間を通じて鼻にトラブルを抱えやすい体質です。春に割と調子がイイ場合には、シーズンが終わると症状も終息するんデスが・・年によってはまったく治まらないで1年間続く場合もありマス。今がまさにそんな状態で、昨年春に始まった鼻水とクシャミは夏に治まったものの、鼻づまりはずーっと続いてました。



鼻がつまると呼吸が苦しくて、呼吸が苦しいと集中力が低下する(イライラする)ので、どうしても薬に頼ってしまうんデスね。内服薬では効果が足りず、速効性も高い点鼻薬を使用します。この点鼻薬、効果はバツグンなんですが・・常習性が(汗。使いだすと使用間隔が徐々に狭まってくるんデス。そしてアレルゲンなど本来の鼻づまり要因が解消されているにもかかわらず、点鼻薬によって鼻づまりを引き起こしてしまうんデスね。

鼻づまりというのは、鼻腔内が充血してアレルゲンなどの侵入を防ぐ、いわば自衛反応。しかし点鼻薬を使いすぎると鼻腔内が二次充血を起こしてしまうんだそうデス。鼻づまりを解消するための薬で鼻がつまってしまうという、本末転倒な状況。しかし点鼻薬を投与した後、しばらくはスッキリするもんだから、これをヤメられない・・まさにカクセイザイやマヤクと同じですな。

この点鼻薬の常習性から抜け出すにはガマンしかありません。これまでにも何度か経験したことがあります。鼻がつまって集中力が低下し、仕事が進まなくなろうとも、息苦しくて寝付けず睡眠不足になろうとも、ニオイがあまり感じられず料理が美味しく食べられなくとも・・ひたすら点鼻薬を使うことをガマンし続けルンですね。1週間も続ければ、徐々に鼻づまりが解消され、点鼻薬ともサヨナラできます。

しかし1週間のガマンって、結構ツライんですよね。途中でガマンするのをヤメちゃったことも多々あります(苦笑。禁煙を挫折する人の気持ちがよくわかりマス。しかし点鼻薬は何とかヤメたい・・そこで今回、別の方法をとってみることにしました。それが「鼻うがい」・・字のごとく、鼻腔内を洗うんです。鼻から水やぬるま湯をすすり上げ、それをノドを通して口に出す。耳鼻科の病院に行けばごくフツーにおこなわれていることなんですが・・これが結構、鼻の奥にツンとくる(苦笑。おそらく水道水をそのまま使うからなんでしょけどね。実はこれまでにも何度か、自宅での鼻うがいに挑戦してキましたが、いつも鼻の奥の痛さがイヤで三日坊主に終わってました。

もうちょっと浸透圧の高いもの・・食塩水なんかがイイかもしれません。もちろん耳鼻科ではもっとちゃんとした薬品などを使ってると思いマス。でも自宅で鼻うがいするのにいちいちメンドくさいかなと(苦笑。それに多少の苦しみをガマンしたほうが、鼻粘膜が鍛えられるかなと(笑。今回は水道水でヤることにしました。

1月1日は点鼻薬を使ってしまったので、2日からガマンすることにしました。すると・・鼻うがいの効果、高し! 初回から鼻づまりの症状が緩和されました。以後、1日に1~2回の鼻うがいを続けてマスが、その間、点鼻薬のお世話にはなっていません。これが花粉飛散ピークの頃だとそうはウマくいかなかったかもしれませんが、とにかく効果がありました。ヤッてみるもんデスねぇ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/959-eb8c3cbc