アキバ紀行 2008如月 その3 

20080212_17.jpgアキバ紀行 2008如月。東京滞在2日目は2月3日の日曜日・・節分ですね。この日はもちろんアキバのホコ天が最大目的ですが、その前に軽く東京観光なんぞをしておこうかと。宿泊先をチェックアウトしちゃうと、大きなスーツケースを持ち歩かなければならないので、10時にチェックアウトするまでにブラッとしようかと。で、早起きしました・・休みなのに、旅先なのに、6時起き(笑。外、真っ暗でした(汗。まずは浅草・・宿泊先の東上野からはすぐ近くと聞いていたので。前日の出発前の寝坊のようなコトもなく(苦笑、キチンと6時に起きるコトができ、準備万端、と思ったんデスが・・


2008年2月3日(日) 第1話

前夜の天気予報で、この日は雪だと言っていたのは知っていたのデスが・・


20080212_01.jpg20080212_02.jpg


いや、予想以上に降りましたよ・・つーか、うっすら積もってるし(汗。クルマの通行が多い車道は「雨に毛が生えた」状態でした。しかし歩道や交通量が少ない路地なんかは、1~2センチ積もっていて、さらにソレが半分融けたような、いわゆるシャーベット状態。こんなトコロをキャスター付きのソフトスーツケースを転がして歩けません。ハードケースならあまり問題ないカモしれませんが、布製の場合は確実に濡れますね。


20080212_03.jpg20080212_04.jpg


とりあえず様子見、というワケでもないのデスが、宿泊先近くの下谷神社へお参りに出かけました。ココは2か月前にもお参りしましたね。ま、スーツケースが無ければ歩き回るコトもさほど問題なさそうデス。写真撮影でもデジカメをズブ濡れにしてしまうコトもなさそうデス。なのでそのまま浅草へ向かうコトにしました。と言っても、さすがに歩いて行く気にはなれませんでした。雪は降るし、寒いし、何より道がわかりませんので(苦笑。宿泊先最寄りの東京メトロ稲荷町駅から浅草まで、わずか2駅だけですが電車で移動しマス。


20080212_05.jpg

20080212_06.jpg


「ここは、浅草方面のりばです。」
「上野・渋谷方面のりば、『は』
 交差点の向い側の出入口をご利用ください。」

『は』のところが何とも言えないんデスけど(笑。看板、脱字だったんでしょか・・それを貼り紙で訂正するなんて(笑。これ、応急対策なんデスよね? まさか恒久対策?・・だったら笑う。


20080212_07.jpg20080212_08.jpg


わずか2駅なのであっという間に到着。そしてメトロ銀座線は浅草が終点なんデスね。


20080212_09.jpg
20080212_10.jpg


改札を出ると、浅草ならではの演出をいくつか見るコトができました。まずはこの壁画・・お祭りの様子でしょか。鳥のアタマの飾りの人がちょっと異様デス(汗。でもこれがココのお祭りなんでしょね。いちど実物を見てみたいデスねぇ。


20080212_11.jpg
20080212_12.jpg


それからおみこし。そして柱もコンクリートむき出しではなく、それっぽい装飾がされてマス。地下鉄の駅と言えば、とかく画一的で無味乾燥な印象になりがちデスが、ここメトロ銀座線の浅草駅はかなり個性的と言えそうデス。


20080212_13.jpg20080212_14.jpg


地上から駅構内の連絡通路の入口、駅名を示す看板もスゴイです。赤ちょうちんです! そして地上に出て数分歩けば、あの有名な雷門に到着です。


20080212_15.jpg
20080212_16.jpg
20080212_17.jpg20080212_18.jpg


お~・・雷門だぁ~。雪、スゴイですけどね(苦笑。それでも圧倒的な存在感デス。「雷門」のちょうちん、バカデカいです。ちょうちんの下の部分に某電器メーカーの刻印が入っているのが気になりマスが(笑。


20080212_19.jpg20080212_20.jpg
20080212_21.jpg20080212_22.jpg


ちょうちんの裏側は「風雷神門」になってました。門の裏側にはおそらく風神と雷神の像が収められてマスから、これにちなんでいるんでしょかね。もしかして雷門は通称で、風雷神門が正式名称なのか?


20080212_23.jpg20080212_24.jpg


雷門をくぐると、一直線に歩行者専用の道路が延びています。仲見世通りと言うんだそうで・・通りの両側はすべて商店ですね。飲食店やおみやげ屋さんだと思いマスが、朝早い時間ですべて閉まってました(苦笑。


20080212_25.jpg
20080212_26.jpg


お店は閉まってて淋しいデスが、そのシャッターが粋なモノに・・これまた駅の壁画に負けず劣らず、浅草ならではの意匠が施されてました。この仲見世通り、実は浅草寺の参道のようで、「下馬」の高札がありました。「馬から下りよ」という意味なんでしょけど・・


20080212_27.jpg20080212_28.jpg
20080212_29.jpg


犬が入り込むコトについては、何らおとがめナシのようデス。しかもこの犬、よ~く見てみると・・ゴミ袋、着せられてるよ(笑。東京都指定の燃えるごみ袋だ(笑。犬も寒かろうと飼い主が着せてやったんだと思いマスが・・燃えるゴミとして回収されたらどーすんだ?(汗笑。


20080212_30.jpg
20080212_31.jpg20080212_32.jpg


仲見世通りの終点に到着すると、次の門がありました。この門もまたデカい! そしてまたココにもデカいちょうちんが。このちょうちんの下をくぐる、イコール、門をくぐると、いよいよ本堂が見えてキます。


20080212_33.jpg
20080212_34.jpg
20080212_35.jpg


本堂がこれまたデカいなぁ・・特に屋根。浅草寺ってトコロはスケールがデカい建造物ばかりですね。さすがに超有名な観光スポットだけあって、こんな吹雪の朝早くでも、参拝客がたくさんおられました。


20080212_36.jpg20080212_37.jpg
20080212_38.jpg


本堂にもデカいちょうちんが・・そしてこのちょうちんだけ、様子が違いマス。なんだか女性の名前がた~くさん、書いてありました。


20080212_39.jpg20080212_40.jpg


特徴的と言えば、おみくじ。浅草寺のおみくじは、このように引き出しがたくさん付いた小物入れのタンスみたいなのがアチコチにあり、その前におみくじの筒が置いてありマス。「タンス」前の台の部分にはスリットが入れてあり、「100円」と書かれたテプラ(?)テープが貼ってありマス。係の方はおられません。つまり、おみくじはセルフサービスというコトですか。とりあえず本堂で本尊の観音様にお参りして、その脇にあったおみくじをセルフで引いてみました。筒から出た棒の番号を「タンス」の引き出しから探し出し・・

きょ・・いやいやいや(汗、何かの見間違いだ(笑。もういちど筒を振りなおして(爆、引きました。小吉でした(笑。


20080212_41.jpg20080212_42.jpg
20080212_43.jpg
20080212_44.jpg20080212_45.jpg


本堂以外には、五重塔も目立ってました。雪の中なのであまりユックリはできませんでしたが、ひととおり見て浅草寺を後にすることにしました。

ちょっと目を引いた看板など・・


20080212_46.jpg
20080212_47.jpg
20080212_48.jpg


落雪注意・・確かにボトボト落ちてきてましたよ(汗。屋根に雨どいとか、付けてないみたいデスね。


20080212_49.jpg


しかしこの雪の中、節分のイベントはちゃんとデキたんでしょかね~。



つづく~。



【散財メモ】
賽銭:?円
おみくじ:100円
計100円+?円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/995-4ea8a10a