スズキ ジムニー ランドベンチャー 試乗 

20170717_01.jpg20170717_02.jpg
昨日、ミラ・イースを試乗しに行ったのは、もちろん故障したシトロエンC5からの乗り換え候補を探すこともありましたけど、どちらかと言えば最新のダイハツ車がどんな感じなのか知りたかったのが本音。で、ダイハツのクルマを味見した後はスズキです。ミラ・イースは最新のダイハツ車でしたけど、スズキで興味あるのはかなり古い設計のジムニー。
【続きを読む】

ダイハツ ミラ イース 試乗 

20170716_01.jpg20170716_02.jpg
今朝、休みにもかかわらず5時台に目が覚めてしまって、テレビ録画を見たりしたものの、朝食後に時間がタップリできてもてあまし気味になってしまったので、ふと思い立ってダイハツディーラーへ行ってみることにしました。最近フルモデルチェンジしたミラ・イースの試乗が目的。
【続きを読む】

シトロエン C4カクタスを見てきました 

20170708_01.jpg20170708_02.jpg

行きつけのシトロエンディーラーさんにC4カクタス2台が入ったということを聴いたので、C5のブレーキ修理の相談に行くついでに見に行ってきました。C4カクタスの実車を見たのは初めてではありませんが、運転席に座ってみたり内装をじっくり見たのは初めてのことでした。クルマは雑誌などでもよく見るパールホワイトと、新色バルチックブルーというソリッドの青が1台ずつ。青いクルマが好きな自分としてはこのバルチックブルーも気になりましたが、やっぱりパールホワイトのほうが上等そうに見えるので好きですかね(苦笑。あと特徴的なエアバンプもライトブラウンになってよりソフトな印象になりますし、内装色もパールのほうがブラウンのダッシュボードやら何やらでいい感じ・・その分何万円かお高いのだそうですが。デザインは確かにいいのですが・・やはりパワートレインがちょっとねぇ・・旧型になったばかりのC3と同じ、3気筒1.2L自然吸気エンジン+シングル自動クラッチの5段AMT。これがターボ付きで6ATなら言うことないんですが。毎日通勤に使うクルマになるので、走りに関してあまり不満を残してはストレスが溜まると思うのです。それに車両本体250万円近くだと、冷静に考えれば国産・輸入車の中から結構広い選択肢があると思うので、あえてあの仕様のカクタスを積極的に選ぶか?と言われると・・

代車はノート 2017年7月 

20170702_01.jpg20170702_02.jpg

昨日、ブレーキトラブルに見舞われたシトロエンC5・・任意保険のロードサービスを利用して、行きつけのディーラーさんまで陸送してもらいました。ロードサービスを依頼するときコールセンターに電話をしたワケなのですが、そのとき「陸送後の代車費用特約」というのにも加入していることを告げられ、「必要ですか?」と・・えぇ、タダで用意してもらえるのでしたら、そりゃ喜んで利用しますとも。何せディーラーさんへは急な入庫なので代車の空きが無いとのことでしたし、ちょうどいいかと。
【続きを読む】

ボレロ通勤 最終日 

20170609_01.jpg代車として借りているマーチ・ボレロですが・・明日メガーヌを受け取りに行くので、ボレロを通勤に使うのも今日で最後。1週間、中距離ドライブと毎日の通勤に使ってみて、最後までシックリ来なかったのがドライビングポジション。とくにシートが・・座面が短くてもも裏が浮いてしまうことはインプレッションの回にお伝えしましたが、ハイトアジャスターで高さを上げて、シートバックを倒し気味にしてみたら浮きは少しマシになりました。しかし今度はおしりが前へジリジリと滑ってずり落ちそうになる。何度も座り直したりして落ち着かない感じ。これでは長時間乗りたくない。ペダルの角度も最後まで馴染めませんでした。

しかしよかったこともあります。まず小さくて小回りが利くこと。あと車重が軽いので出足が軽やか。このふたつの相乗効果で街ナカの狭い道や駐車場などでの取り回しがとても楽。交差点でのスタートダッシュはふだん乗っているシトロエンC5やメガーヌよりも素早いのではないかと。もちろん、その後はあまり伸びませんので、たとえアクセルペダルを目いっぱい踏んでもスピードは出すぎない。驚いたのはわりと静かだということ。直列3気筒エンジン・・フル回転させたときの音は軽トラのうるささを想像していたのですが、マーチの車室内はすごく静か。確かに音はしているのですが、耳障りな感じはない。遮音を含めてよくサウンドチューニングされていると感じました。

あ、最後にひとつ・・これは前回のインプレッションでは書いていなかったのですが、ステアリングホイールの軸がほんの少し左にオフセットしているのかも。運転席シートに座って、身体の正中にステアリングホイールの中心が来るのが自然で正しいと思うのですが、どうも日産マークが少し左に行っている模様。ドラポジがシックリきていなかった原因のひとつはこれだったのか?左ハンドル基準で設計されたクルマを右ハンドル化するときに手を抜かれるとこんな感じになりますが・・まぁマーチは海外生産の「輸入車」ですけどね。

ということで、マーチ(ボレロ)はちょっとそのへん乗るだけならまぁ楽に乗れるけれど、あまり長時間・長距離は乗りたくないかな。「安いから」という言い訳が聴こえてきそうですが、その安さを理由に営業車として与えられて一日の大半をこれで過ごさなければならないとしたら、自分はイヤですねぇ。マーチ以外、日本メーカーの他のクルマでも、Bセグメントはこんな感じの妥協の産物ばかりなのでしょうかね?マツダのデミオはわりと印象良かったのですが。